生き活き
Thank you for coming
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
銀のクレヨンくらいついてる日



忙しい
と云うのをやめよう
と思う近頃。
それでも矢張り
今週は忙しかった。
終電間際の
数日がつづき。
楽しく希望溢れる
忙しさ。

本日も
刺激的で良き日
でした。

益々
兄と仲の良い日々。
此の兄妹の絆は無敵だ
って云えちゃう。
ソウルメイトに
違いない。

そして本日
久々実家に立ち寄る。
愛猫達に会い
幸せ。

そうして父が
共に上野赴いた際の
御写真
呉れた。

よろし。

朝から
初めてカラスの行水
見るやら、
あの人と
素敵なメール
出来るやら、
何だか
良き一日でした。
/ 00:14 / / comments(0) / - /
日本の脈動


三連休
ですね。
初日はぶらぁり
上野で
若冲
観て。
凄い凄い凄い!
感動。

そうして本日は
新宿御苑にて
薪能。

御能は
初めて拝見
致しましたが
ハマりそう。
心地好いリズム
凛とした空気
減り張りや濃淡。
狂言も面白く。
流石の万作師。
遣り過ぎと乙との
ぎりぎりの表現が
本当の笑いや
本当の感動を
作っているのだと。
素人の私でも観てとれた。
萬斎氏が未だ熟して居らんと
わかる。

そうか。
だからこそ
期待されておるのですね。

屋外で寒かったけれど
夢中で
二時間など
あっという間で御座いました。

明日は
お家の片付け。
大変なことに。
はぁ。何度も云う。
お掃除は苦手なの。

あの人が
風邪をひいたそうな。
何故か私も
風邪をひきそうな気分
になってみる。
だったら
貰ってあげたいわ。
なんて。

沢山書いて。
私のこと。
私の名。
/ 00:58 / / comments(0) / - /
君チェック色



昨日は兄たちとカート。
めちゃ楽しかった。
また新しい友達
出来ました。

今日は少し筋肉痛。
欲しい服があって
お買い物の日
なのです。

とうとう
マキシワンピ
GET。
さらに
サルエルパンツ。
どちらもチェック。
チェックのサルエルパンツは
あの人が履いてるから、
じゃないよ。

あーあ、
彼女に成りたいな。
って云う
本音。

生活が悪循環。
明日は
少し早く起きる。
料理する。

掃除しなきゃ
あああ。
お掃除は
苦手。

本棚買わなきゃなあ。

マキシワンピで
会いたい。
可愛いくなって
会いたい。

そんな事
ばっかり

考えてる。

恋なんて

厭だ。
/ 23:51 / / comments(0) / - /
副業とか云ってみたい



午後はお仕事お休みしまして、
夕方より兄に連れられ
ビジネス講演会。
参加。
先日お会いした方が
お薦め
してくださった。
時間は作るもの、
なので
ムリクリ
休んだ。
其の価値
在ったよ。

楽しい講演で
私もビジネス
始めたい。

目標はまずは小さくてもいい。

あの人に
会いにいく

くらい。

会いたい
会いたい
会いたいよぅ。

って云ってると
本当に
如何仕様もなく
会いたく為ってしまう。
/ 00:03 / / comments(0) / - /
上手そうな男


昨日から二日間
外出の御仕事でへとり。
しかしながら
珍しい課長様からの御誘い
断る訳にはいきますまい。
疲れているの
でも興味津々。

初めて
カラオケスナック。
アットホームって
こうね。
そうそう
耳にしたメンバーに
是非ご一緒したいおじ様
いらしたの。
ああ素敵。
そうして
初めてお会いしたメンバー。
盛り上げ上手。
はぁん、
楽しい方、で
ひらりチラリ
魅力的。
ああ
エッチが上手そう
なんだ。
よくわからないけれど。
なんとなく。

それにしても
最初、乗り気じゃなくても
楽しかった
って有りがち
よね。

昨日の深夜のメール
大変で大事。
眠いより大事。

はっ
としたのは
「生きるのが時々怖くなる」
其の一言に
この人が私を択んだのは
必然だ
と感じたこと。
/ 00:22 / / comments(0) / - /
長野馬刺ツアー中



今日は長野に。
仲の良い同期と一泊二日の
馬刺ツアー。
馬刺が好物だから。

山梨でもも狩り。
長野で松本城。
そして馬刺。

鱈腹。
それこそ、
もう出ちゃう!
ってくらい。笑。

天気が良くて
松本城も楽しかったな。
天守閣
攻め落とした。

同期は気楽なやつで
下らないことを話ながら
だらだら
出来る相手。
同じ部屋でも平気な男子。

たまにはいいね。
旅なんて普段しないしね。
久々の休み。

ちょっと変態くさい同期と
沢山笑って
良い休日だ。

何より
晴天が好ましい。
/ 22:29 / / comments(0) / - /
大駱駝艦「穴」


本日は父と
麿赤兒氏監督の
大駱駝艦「穴」を観に。
圧倒的な迫力。
高いポテンシャル。
汗の滲む様。
個性。眼光。肉体。
其の強靭さ。
素晴らしかった。
気付けば、自らの膝
握り掴んで居た。
興奮
した。

そして
父とは感性に蓋をせず
話すから
私は此の人の娘と
認める。

やっと御徒町凧の詩集を買った。

帰りの電車は
三角みず紀さんの「骨、家にかえる」
彼女の感性は
繋がる。

痛く
熱く
深く


詩子に
ほたるに
為りたい。
陽平に
為りたい。

今日の高まり
誰かに聞いて欲しい。

いえ
ひとりに。
/ 00:03 / / comments(0) / - /
絵と安売と躾


今日はブリヂストン美術館に
マティスを観に。
思いがけず
佐伯裕三に出遭い
心臓が跳ねて
浮き足立つ。
ザオ・ウーキーという方の絵は
指先から
トプン と
潜っていけそう。
潜って、泳いで
身を浮かすと
もう私は
青と白と色々のマーブル模様。
それから
白髪ナントカさんの絵
触れてみたい。
触れたとき
はじめて本当の価値が
解りそう。

Tシャツを2枚ばかり
バーゲンでお買い上げして。

そして
宣言通り
ジャキショキ
シャキン。
あっさりと
切り落とした。

白熊みたいな美容師に任せて
彼好みにされた感もあり。
パーマもあてた。

まぁよろしいかと。

パーマ液の匂いが
未だつんとする。
此れは躾でしょうか。
/ 22:59 / / comments(0) / - /
<< 2/2PAGES