生き活き
Thank you for coming
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
縁の神秘


お友達に
お誕生日プレゼントを
またまた
戴いて仕舞ったの。
今年のお誕生日は
なんて素敵なんでしょう。

昨年お友達になって
そこから
本当に仲良くなった
大切な二人。
すごく素敵。
ピカピカしてる。
三人揃いの
指輪型キーホルダー。
わたしのは
薄紫。
かわゆい。

お揃いなんて
小学生以来
くらいだから
何だかくすぐったい。
厭でない。
照れなくて
素直に嬉しいの。
終電まで話した。

あ、
明けまして、
初だった。
/ 01:22 / / comments(0) / - /
泣いた、記憶


昨夜
お誕生日おめでとう、
の言葉を戴いた。
遅れたのは
教えてなかったから。

添えて
「君は生まれてきて正解です」
とあった。
泣いた。
大泣きした。
嬉しくて。
今年の誕生日は
人の優しさに
泣かされてばかり。

親友は
手作りのバースデーカード
贈って呉れて、
さらに
何とも優しい
御手紙。
わたし
愛されていて
戸惑う。

周りの人たちみたいに
優しく成りたい今日でした。
/ 23:52 / / comments(0) / - /
赤黄青は不在です


バースデー当日。
不在通知のとりどり。
赤黄青
本日
沢山のプレゼント
届いた。

また昨日に続いて
沢山買い物
しちゃった。
二月
彼がやって来ることに。
如何に
気持ち、ないか
伝えたらいいか。
寝たくないのです。
泣くから。
気持ち、なくて
泣くから。

そんで
あの人から電話で
あー
深夜になっても
忘れられなくて
気持ち、
引っ張られてるのね。
気にして
よ。
妬いて
よ。
プレゼント…
会いたい。
無理なら
沢山
声聴きたい。
気持ち、あんね。
/ 02:14 / / comments(0) / - /
バスデ


二十五歳に
成りました。

友達がハピバ
のメール
沢山呉れて、
北海道の親友が
わざわざプレゼント
送って呉れて、
有難い。

会社でも
朝から
後輩がお菓子
呉れて、
おじ様が
奥様手製の
シフォンケーキ
呉れた。
しかもホール!
Special!!
此れ、
絶品なのです。
ふわっふわ
もこっもこ

ふんわり甘い
のです。
作り方教わりたい。
嬉しい誕生日に
なりました。
/ 00:53 / / comments(0) / - /
交わす会いたい



昨日の夜。
大分長く
あの人と御電話。
何時も
味気無い短い会話
なのに
昨日は
珍しく
と云うか
初めて
長電話。
声が心地好くて
沢山、知りたくて。
日の中で小一時間程
思考が私の色に
為ったそうな。
うれし。
嗚呼うれし。

会いたい、けんど、

本音。も。

怖がらないで欲しい。

でんも
解るから。
私のことも
自身のことも
信じられる様に為ったら
会いに来て。

明日は通勤ラッシュに乗らんきゃ。

いんだ。
あの人が居れば
いんだ。
会いたくて
いんだ。
/ 00:03 / / comments(0) / - /
SPICA


たらっと
御新宿まで。
翌週の結婚パーティの為。
勿論私でなく
兄の。
付け爪買うた。
そんから、
バックん中
雑然としてっから
インナーバック買うた。
可愛いやつ。
柄が沢山で
あの人のバック
みたい
かは分からんけども
可愛いやつ。
そんで、
も、いっや
えいや、
って
時計買った。
TicTacのオリジナルブランド
SPICA。
クラウン形に
文字盤のルビーカラー
好みに巧いこと
填まって仕舞い。

スピカ。
乙女座の輝く一等星。
晩春に光る。らしい。
晩春には
あの人に会いたい。
/ 23:45 / / comments(0) / - /
葉月の出来事


彼の名前を
手に入れた。

言葉にならん。

SとM
相性良さそう。
其れで結構よ。

ふたりを
繋ぐのは
K
私の
首から提がる
K

嗚呼!
御名前。
宝物。

ありがとう。
ありがとう。
/ 00:17 / / comments(0) / - /
加速して落とすひと



やっと
届きました。
二ヶ月半
待ちました。
coqu hatsugai
誕生石の柘榴石

ダイヤ
入れてもらったんだ。
1号で作ってもらったんだ。
ぴんきー
ぴったり
しっくり
は未だ。

それからKにした。
さらに欲しいピアス
できちゃったぁ。
物欲塗れ。

外した。
指環きたから
指環外した。
あー疲れた。
疲れたよ。
やっぱり


駄目かな。
だって
巧いこと
云えん。
わたし
巧いこと
云いたい。
彼に好かれたい。
って何だ。
これ。
/ 00:07 / / comments(0) / - /
笑ったらいい



長野は本日雨にて
予定を変更して早々に帰路へ。
女神の路へは行かず。

本日も
ゆるり。

夜は何故か同期と語り
矢張り同室は辛いのかと思案。
しかし眠る。
ふたりとも昏々と。

同期が
笑うと可愛いのだから
もっと笑ったらいい
と云ってくれた。

自分の笑顔が嫌いな私は
本当に嬉しかった。
あんたさんが
同期で良かったよ。
有難う。

帰路ばかりも詰まらん。
ぶらり、と
相模湖なぞで写真を撮ったりして。
同期が昨日から私ばかり撮る。
PVでも出来そう。
昨日の分は
昨日のうちに観て笑った。
食べてばかりの私。
おやぢみたいな私。
相模湖でもシュールな画が
撮れたらしい。
そんなこんなで
明日は仕事なので
14時頃には帰宅。
会社への御土産は
信州銘菓
白樺の樹。

帰宅後
疲れが出て
読書もそこそこに転た寝。

そうして
水の人からメェル。
昨日から元気がない。
昨日は初めて
深夜以外
夕刻に電話。
暖かい布団
添え木

為りたいよ。
言葉なぞ
無力だ。
此の腕が届かなければ
意味が無い。

笑って!
/ 21:14 / / comments(0) / - /
水。島。運命のひとつ。



最近Eau.と云う詩を書いた。
水のイメージの方から
水。をテーマに書いて
と言われたから。

境がなく
混ざり合い
溶け合い
個ではない
水。
誰とも混ざり合えない
個である寂しさが
根底に在る。

その詩を書いた直後か
同じタイミングかで
中島らも

「水に似た感情」
を買った。

今まで中島らもを読んだことはないし
彼を知ったのも
購入する2日程前だ。

水のタイトルを選んだのは
水のイメージのあの人故。

不思議な巡り合わせだと思う。

水によって
個に隔てられたかの様な島。
人間は島だと云う。
深いところでは繋がっている。
地殻変動で
ゴンドワナが
アフリカとアメリカに
分かたれた様に
何かのきっかけで
ひとつに成ることが出来るだろうか。
愛しい人と狭いバスタブで
そんな話をしたい。
そんな衝動に駆られた。

今日だけは
運命と云う言葉
使いたい。

興奮すると
散らばって書けない。
大駱駝艦
見に行った時も。

興奮した後は
太宰にも集中出来ず
興奮と暑さに疲れて
寝たり
読んだり
いまいち
覚醒しなかった。
/ 23:33 / / comments(0) / - /
<< 2/2PAGES