生き活き
Thank you for coming
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< イマジネーション / main / 気持ちゆらゆら >>
然様なら、を云ったのです。


5月
ゴールデンウィーク
からずっと
一緒に居るのが辛かった理由を
見詰めていた。
幾月も前から
もう無理だ、と
決めていた。

そうして、
もう続けては行けないと。
云うた。

何で
私が泣くんね。

5年も居たのです。
居心地は良かった。
優しくて
幼くて
格好良くて
だけんど
弱くて
稚拙で
無神経な
ところが
甘えて。

何時の間にか
待つことにも
疲れてしまって。

最後まで
取り戻せなかった
カノジョ、
の称号。

泣いて
吐きそう。
嘘だよと。

ずっと一緒に居たかった。

けれど
そういう運命でなかった。

そんくらい
言い訳したい。

それから
其の言い訳を
見送った電車に
轢かせたい。

泣き腫らす程
本当は
好いていたのだね。
/ 23:56 / / comments(0) / - /
スポンサーサイト
/ 23:56 / - / - / - /
COMMENT